穀物以外にキャットフード選びで考えたいこと

穀物の有無についてこのサイトでは話しましたが、穀物の有無だけでキャットフードを判断していいのかと言われるとそうではありません。愛猫の健康のためには更に詳細な情報を知らなければなりません。では、具体的に穀物の有無以外にはどの部分をチェックしたらいいのかについても紹介します。

まず確認したいのが添加物です。人間でも添加物と聞くと体に悪いと思う人が多いでしょう。実はキャットフードには添加物が含まれているものが存在しています。これは長く保存させるためや美味しく見せるために色を付けたりするために使用します。使用しているメーカーによっては少量なら安全と言うところもありますが、添加物自体安全なものではないので安全性が高いとは言えません。本当に安全なものを選ぶなら無添加のキャットフードをセレクトしましょう。

また原材料のチェックも必要です。キャットフードは加工されて作られていますが、原材料をチェックすることで何が使われているか知ることができます。安全のためにも肉副産物や家畜副産物、4Dミートなどが使用されていないキャットフードを選ぶといいでしょう。

このように、安全なキャットフードを選ぶためには穀物以外にも見なければならないことがあります。

グレインフリーのキャットフードが選ばれる理由

キャットフードには大きく分けるとグレインが含まれるものもあればグレインフリーのキャットフードも存在します。その中でもグレインフリーがいいという人たちが多いですが、そもそもグレインは猫にとってあまり良くないのになぜキャットフードに使用されているのでしょうか。まずはグレインが使用されている訳について話します。

まずなぜグレインが使用されているのかと言うと、キャットフードのコストカットを目指すために使用されています。本来はタンパク質が多く含まれるものをつくるのが猫にとって一番いいと言われていますが、メーカーによっては売るためになるべく安くしようとコストカットをします。その結果、グレインをキャットフードに入れることとなりました。実際に激安のキャットフードにはタンパク質よりグレインの方が含まれているものもあり、猫の健康を考えるのであれば十分に注意して選ぶ必要があります。

では逆になぜグレインフリーが良いと言われるのかについてですが、グレインフリーの場合肉類が多めに含まれているため、猫にとって消化がしやすいためとされています。消化不良になることが少なくなり、飼い主としても安心できるでしょう。また、グレインはアレルギーのリスクも高いため、グレインフリーであればアレルギー成分もほとんど含まれておらず、食物アレルギーを防ぐことが可能です。このことからグレインフリーは多くの方に選ばれています。愛猫の為にも、原材料にこだわっているキャットフードを選ぶようにして下さい。

推奨サイト<キャットフード