猫の食事に穀物は必要なのかについて気になる方もいるでしょう。まず、必要かどうか判断するためには猫に必要な栄養素を見ておくといいです。大まかに説明するとタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、水が必要です。これを見る限りでは穀物は絶対に必要かと言うとそうではないことが分かります。

猫は本来肉食動物ですので、基本的に穀物を食べるような体に作られていません。証拠に猫の歯は穀物をすりつぶすことができない形です。そのため、タンパク質が少しだけ含まれている穀物なら問題はありませんが、タンパク質よりも穀物が多く含まれるとなると上手く消化することができず、体に負担がかかってしまいます。

実際に猫に必要以上の穀物を与えると病気に繋がる可能性が高いと言われています。具体的にはトウモロコシ、小麦、大麦などが上げられますが、これらは消化不良が発生しやすいですし、皮膚アレルギーなどを引き起こす可能性も高いです。食事で病気のリスクを高めると言われるくらい大切なのがキャットフードですので、一度飼い主は穀物について考えてみるといいでしょう。

このように、猫に穀物は必要かどうかについて話しましたが、基本的には必要ないということを理解してもらえたでしょう。このサイトでは穀物について考える飼い主のためにもグレインフリーのキャットフードについてと、穀物以外に考えたいキャットフード選びについて紹介します。興味がある方は参考にしてください。

猫のキャットフードに穀物はいるのか?いらないのか?